スポンサーサイト

  • 2018.04.12 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    感涙

    • 2017.04.10 Monday
    • 11:43

     

    涙・・・悔しい時、悲しい時、淋しい時 一生のうち数えきれないほど流れ落ちるものです涙                     

     

     

    嬉しい時、感激や感動を味わった時に流す涙は、それに比べるとそう多くはないと思います涙                   

     

     

    たくさんの人たちの感涙がそこにはありました涙涙涙                                              

     

     

    少し長くなりますが、私にとって長くて短かった4日間をご覧くださいぺこり                   

     

     

     

     

    〜話は、3月30日にスタートします〜                                          

     

    私たちは、羽田空港にいました飛行機                                             

     

    アメリカからお見えになる、ディランのママを迎えに行ったのです上                                          

     

    ディランが元気に頑張っている姿を見てもらうため、ジャパンインターに合わせての来日ちゅん                     

     

    長旅にも関わらず、とてもパワフルで素敵なディランママと合流し、話もそこそこに                              

     

    時間も遅かったので、この日はそのままホテルへタクシー                   

     

     

     

    翌日・・・東京観光ハート                                                 

     

    毎年東京に来ていても観光をしたことがなく、いつもトンボ帰りな私にとっては未知の世界笑               

     

    そこで、ツアコン&通訳として来てもらったのが、東京在住すずちゃんのママるんるん                        

     

    すずちゃんママの完璧なエスコートのもと、東京観光をすっかり満喫した私たち矢印                       

     

                            

     

    急に寒くなったため、開花宣言したはずの桜は思うように咲いてはくれませんでしたが                    

     

    浅草に着くころには、こんなサプライズも・・・                                       

     

                               

     

    すずちゃんパパ&すずちゃん&中塚ラックくんと、しばしの合流♪                             

     

                             

     

    これぞ東京というものを、初めて満喫し本当に楽しい一日でした♪                              

     

     

     

    そしていよいよ、年に一度のビックイベント ジャパンインターの日がやって来ましたトロフィー                   

     

     

    会場に入ってすぐにある写真の数々                  

     

    2016年ペディグリーアワード受賞犬                  

    (左)ディラン    (右)佐藤キアラちゃん                                      

     

    年間ランキング1位に与えられる名誉です矢印上  ディランは2年連続の受賞となりましたピース                  

     

    が、故に・・・私はもとより、今年のハンドラーさんのプレッシャーは想像を絶するものであり・・・                 

     

    実は遡ること約1ヶ月前、ディランのコンディションがあまり良い状態ではありませんでした                  

     

    ジャパンインターまで時間がない中、ハンドラーさん始め、クランバースタッフの皆さんが                     

     

    それからの1ヶ月間、どれほどの苦労をされたことか・・・                                          

     

    その間ディランに会っていなかったので、リンクサイドでディランを見た時ビックリびっくり                                  

     

    綺麗なんです手  心身ともに充実していて、この大舞台を楽しんでいるように見えましたきらきら                  

     

    そしていよいよ始まったチャンピオンクラスドキドキドキドキドキドキ                          

     

                       

     

                    

     

                    

     

    いずれ劣らぬ名犬がずらりと並ぶ中、世界的コーギーブリーダーでもあるWilliam Shelton審査員の             

     

    厳しい目が1頭1頭注がれ、私は震えが止まらず、祈るような気持ちでしたブルブル                      

     

    そして、BOB(コーギー♂1位)が決定する瞬間ですドキドキドキドキドキドキ                                

     

                    

     

    ディランやりました〜クラッカー  三年連続BOB獲得です↑                                   

     

    応援に駆け付けてくれた沢山のSMILEファミリーの皆さんとともに、喜び安堵した瞬間でしたほっ                

     

     

     

    そしてグループ戦〜  各犬種の代表がグループごとに競い、グループの代表犬を決定します                       

     

    コーギーは1グループ、1席になるのは至難の業です                                

                           

                     

     

    Knut Sigurd Wilberg審査員が1頭ずつ審査します                        

     

    この中から1〜4席を決めます                        

     

    まず4頭が決定し、4➜1席が発表されます                 

     

    犬種は違えど、名犬ぞろいのため緊張の一瞬ですブルブル                                   

     

    私たちは固唾をのんで見守るしかなく・・・                                   

     

    そしてグループファーストは・・・              

     

    やりました〜クラッカー ディラン見事1席になりましたバンザイバンザイ             

     

    ハンドラーさんのガッツポーズとともに、ファミリーの皆さんの歓声が響いていましたキャーキャー

     

    グループファーストになると、明日の総合戦へ出場することができます頑張る                                                                       

     

    さて、明日は最終決戦矢印上  長かった一日でしたが、心地よい疲労感でしたほっ                         

     

     

     

    そして次の日・・・迎えたKing戦〜                                                 

     

                                       

     

    1〜10グループの代表(1席)が順番に入場してきます                                       

     

    今年から音楽やスポットライト、進行の仕方等初めての演出もあり、会場は大盛り上がりるんるん                     

     

    それぞれ応援する各グループの代表犬が入場するたびに、拍手と歓声に包まれます矢印                     

     

                       

     

    ディラン、BOB戦よりもグループ戦、グループ戦よりもKing戦と、舞台が大きくなればなるほど                

     

    集中力と気迫が増していくのが解りましたキラキラ                                        

     

    順番にラウンドし、一旦すべての犬が舞台そでにはけて行きます                                      

     

    Andrew Brace審査員が3頭を選び書き込んでいます                   

     

    そして、選ばれた3頭だけが舞台そでから再入場してきますひえ〜ブルブル                              

     

    「第1グループ ウェルシュ・コーギー」のコールとともにディランが入場してきましたキャーキャー                                            

     

     

     コーギー、ポメラニアン、ゴールデンが選ばれましたるんるん                               

     

    そしてこの中から、オスの1位(King)が決定します                                   

     

                                          

     

    しかしその前に、入賞犬が再入場し、ハンドラー同士が健闘をたたえ合い握手を交わす間                    

     

    ディランは集中力を切らすことなく、この体制のまま微動だにしませんでした                        

     

    そしてついにその時が・・・ドキドキドキドキドキドキ                                                    

     

    Kingに決定しました矢印                           

     

    「きゃーるんるんるんるんるんるん」ディランを応援してくださる皆さんの悲鳴と共に、涙腺崩壊涙                      

     

    ディランも喜んでいます♪                         

     

    ウィニングランハート                            

     

    よくここまで・・・涙   もうもう・・・何が何だか・・・みなさんの「おめでとうございます」の               

     

    言葉が遠くに聞こえるほど、嬉しさで訳が分からない興奮状態になり・・・                         

     

     

     

     

    そんな中、リンクではクイーン戦が始まりました                                     

     

    クイーン戦も熾烈を極め、Queen戦を制したのはウィペットでした                             

     

     

     

     

    BEST IN SHOW戦・・・この子との一騎打ちとなりますひえ〜                                      

     

    もうここまできたら、ディランとハンドラーさんを信じ運を天に任せるほかなく                        

     

    最後まで残ってくれたSMILEファミリーの皆さんと、沢山のコーギーファンシャーが                     

     

    声援と拍手で盛り上げてくれる中、ディランが登場してきましたきらきら                             

     

                                  

     

    凄く楽しそうに、そして華麗にラウンドしていきます                                   

     

                                  

     

    2頭だけにスポットライトがあたり、緊張がピークに達した時・・・                              

     

                                    

     

    ジャッジの手が左、つまりディランを差し示したのですビックリ                                 

     

                                     

     

    何と! 出陳頭数2000数百頭の頂点にディランが選ばれたのです涙涙涙                        

     

                                  

     

                                 

     

                                 

     

    皆様、本当にありがとうございました                                   

     

       

     

                      

     

        

     

                                                 

     

                                                    

     

               

     

                       

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

                                                       

     

                  

     

              

     

        

     

               

     

                         

     

                    

     

                   

     

                   

     

     

    スポンサーサイト

    • 2018.04.12 Thursday
    • 11:43
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      家庭犬をみて初めて知りました。BISほんっとうにおめでとうございます。ジャパンインターでコーギーがBISに選ばれたのは何年振りなのでしょうか?ディラン君、知的で活動的な感じで、明るくて、やっぱり可愛くて♡
      コーギーって自分の子だけじゃなくってよその子見てても本当に可愛いですよね。
      そんなコーギーの魅力をディラン君がいっぱい表現してくれていろんな人々に知ってもらえて今回の結果となった。かつてのショードックのオーナー(正確にはオーナー家族ですが)として、一コーギーファンとしても本当にうれしいです。
      スマイルパパさん、ママさん、クランバーアップの皆さん、本当におめでとうございます、そしてありがとうございます。
      これからも素敵な可愛いコーギーを私たちに見せてください。そしてコーギーファンがもっともっと増えていくように、私も考えていきたいと思います。本当におめでとうございました!
      • 2コギママ
      • 2017/05/04 7:01 PM
      2コギママ様
      コメントありがとうございます!
      しばらくブログに手をつけれずにおりましたので、気が付かずごめんなさい<m(__)m>
      嬉しいお言葉ありがとうございます!

      コーギーを愛し、ハンドラーの露木さんとクランバーアップスタッフのみんなと走り続けて25年
      1999年のマイケル、2001年のジー、そして今年ディランと16年ぶりにBISを頂くことができました
      まさに夢のような出来事でした

      コーギーは表情豊かで、頭が良く、そして何といってもチャーミングで、それぞれ個性があり、本当に魅力的な犬種だと思います
      残念なことに全盛期に比べると、頭数も減ってきてしまっています
      しかし、多くのコーギーブリーダーさん達が日夜努力され、より健全で魅力的なコーギーが増えています
      今後も、微力ながらコーギーの魅力を皆様に伝えられるよう
      愛すべきコーギー達と向き合って行きたいと思っています
      • SMILEママ
      • 2017/05/24 11:19 AM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << May 2018 >>

      selected entries

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM